みどりいろ日記

あやのが今日触れたものもの。
<< Mr.&Mrs.スミス | main | 下妻物語 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
交渉人 真下正義



【あらすじ】
2004年、クリスマスイブ。突如警視庁のHPに交渉人真下を指名した挑戦状が送りつけられた。弾丸ライナーと名乗る犯人は東京地下鉄の最新型実験車輌(通称クモ)を地下鉄線内を走らせ、地下鉄乗客200万人を人質にとる。弾丸ライナーと真下の頭脳戦が始まる!

【感想】
満足度は70点!
終わりよければすべてよし、があたしのモットーなのでちょっぴり物足りない感じでした。真下特有のユルさが全然なくて(あったら交渉はできないけれども)、踊るっぽいコメディ要素がほとんど感じられなかったかな。
木島役の寺島進さんとのやり取りがとてもいい味を出していました。寺島さんは踊るシリーズ初めてだよね?まったく違和感なし。役者ひとりひとりの味はとてもよく出ていて、うまく起用していたなと思います。キャスティングは100点満点!
最後の謎が気になってもう一回観てみようかという気にもなるかもしれません。ハマる人にはハマると思います。あたしにはハマらなかったという話。
| あやの | DVD(邦画) | 12:55 | comments(0) | trackbacks(4) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 12:55 | - | - |









http://green-dot.jugem.jp/trackback/2
安易なスピン・オフ作品ではないがもう一歩 「交渉人 真下正義」
交渉人 真下正義 評価:60点 安易なスピン・オフ作品かと思いきや、個人的には本家を超えたと思わせる部分もあり、ひとつの独立した作品として、十分鑑賞に耐える出来となっております。 個人的な面白さとしては、 踊るTV版>踊る映画版1>交渉人 真下正義>
| 平気の平左 | 2006/05/30 5:07 PM |
交渉人 真下正義
最近映画は試写会で観る事が多かったんですが、2月の「銀のエンゼル」以来、久々に金払って映画を観ました。 今回万博を観に行くにあたって、岐阜の友人の家に泊めて貰う事になり、21〜23まで中部地方にいました。土日引きこもっているのもなんなんで、映画でも
| 欧風 | 2006/05/30 5:33 PM |
『交渉人 真下正義』
 事件は、「台場連続殺人事件」の1時間後から始まった!? ■監督 本広克行 ■原案 君塚良一 ■脚本 十川誠志 ■キャスト ユースケ・サンタマリア、寺島進、小泉孝太郎、高杉亘、松重豊、甲本雅裕、遠山俊也、柳葉敏郎、水野美紀、國村隼、石井正則、西村雅彦、
| 京の昼寝〜♪ | 2006/05/30 5:39 PM |
【邦画】交渉人 真下正義
A+  面白い A     ↑ A− B+ B    普通 B− C+ C     ↓ C−  つまらない 『評価』  B+ (演技3/演出3/脚本3/撮影4/音響3/音楽4/美術3/衣装3/配役4/魅力3/テンポ3/合計36) 『評論』 本作に
| ハサウェイのシネマ!シネマ!シネマ! | 2006/11/02 3:01 PM |
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
+ SPONSORED LINKS
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ RECENT TRACKBACK
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE