みどりいろ日記

あやのが今日触れたものもの。
<< ホテルカクタス/江国香織 | main | 博士の愛した数式 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
約三十の嘘


【あらすじ】
詐欺師6人がひと仕事終えた帰りの寝台特急。7000万円の入ったスーツケースがなくなった。犯人は誰なのか?7000万円の行方は?

【感想】
95点。
かなり満足。丁寧で、わかりやすくて、飽きさせない作品でした。もうひとひねりあってもいいような気もしたけれど、あの終わり方に特に文句なし。
騙し合いというよりも、人間同士の微妙な心の動きに重きをおいていたように感じます。最終的にラブが前面に出ていたし。あたしはああいう人間くさい、感情で動いてしまうような登場人物たちがとても好きです。
キャスティングもよかったと思います。みんな合ってた。妻夫木くんがかわいかったです。そして、八嶋さんがとてもいい味出してました。登場人物は主要の6人のみ。

最近色々な作品を観ているけれどあたしがその作品を好きになれるかどうかって、登場人物を好きになれるかどうかっていうのがでかい気がします。例えば、恋愛モノならば主人公に感情移入できなければ自分の中で盛り上がらない。うん。だから、どこも共感できる点がない登場人物ばかりの作品だとピンとこないんだな。
| あやの | DVD(邦画) | 18:27 | comments(0) | trackbacks(1) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 18:27 | - | - |









http://green-dot.jugem.jp/trackback/8
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2006/06/22 8:05 AM |
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
+ SPONSORED LINKS
+ SELECTED ENTRIES
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE